バック駐車のコツ、狭い場所での初心者でもできる裏ワザとは? | 耳ヨリ情報局

バック駐車のコツ、狭い場所での初心者でもできる裏ワザとは?

バック駐車や後ろからの車庫入れ、難しいですよね。

最近は車の後方が見えるモニターといった便利グッズもありますが、
全部の車に搭載している状況ではありません。
車はそんな簡単に買い換えられませんしね。

そこで、バック駐車を上手に行うコツをお教えしましょう!

スポンサーリンク

バック駐車・車庫入れを簡単にするコツ

車庫入れに自信がないドライバーさんは、いざ駐車の時に不安で焦っちゃいます。
できたら簡単にバック駐車するテクニック、知っておきましょう。!

まずは駐車スペースで場所を見つけた時がポイント。

スペースから1メートル程離れて一旦停止。
ここからゆっくりとバックします。

この時に車を入れる角度をつけます。
できるだけ角度をゆるく、駐車スペースに入りやすくしましょう。

少しずつ下がって、駐車スペースに対しまっすぐになるまで調整しましょう。
ここで慌てずに、少しずつ整えるのが上手に止めるコツ!

駐車スペースに対してまっすぐに車体を調整できたら
あとは真っ直ぐにバックするだけです。

まっすぐ駐車しておけば、駐車場から出ていくときも
簡単にスムーズに出発することができます。

前から駐車すると、出庫するときに横の車が気になったりして意外と面倒です。
駐車をキレイにすることは簡単に駐車場を抜けることにもつながってくるんですよ。

一番のポイントは・・・

ちょっとややこしくなる手順ですが、
目安として後ろウィンカーをスペースの端に合わせて移動すること。

これが一番のコツとなります。

サイドミラーや直接見て、確認することができるポイントです。
慌てなくても大丈夫。

後ろウィンカーをあわせたら一定の距離を保ちながらバックしましょう。

バック駐車はコツさえつかめば大丈夫。初心者編

ここからは、より初心者向けの方法を見ていきましょう。

ここまで見てきてもちんぷんかんぷん…何を言ってるか全然わからない!

という場合はかなりの初心者やペーパードライバーさんかと思います。
もう少しまとめたものを見てみましょう。

まず駐車するときは時計と逆周りで車を入れる駐車。
車を入れやすい方向なんですね。

駐車場を探す時は、枠ギリギリまで車体をひきつけて行きましょう。

駐車したい場所を見つけたら車を寄せて、
左隣の車の左端と自分の車の左端と同じくらいまで車を前に進めます。

ちょっと後ろすぎるんじゃ?と思っても大丈夫。
この方が車の小回りがきくんです!

進んだらハンドルを右に目一杯切って、
車を左隣の駐車スペースの線を少し超えるくらいまで前進します。

車の後ろ左の角が左隣の駐車スペースの右角に当たるくらいがベストです。

あとは左のミラーを見つつ少しずつハンドルを左へ切って後ろに下がります。
この時右後ろもチェックして線や車体を確認しながら下がっていきます。

あとは車体と白線が平行になるよう車をスペースに入れたら完成!
右回りで車を停めるときは左右入れ替わるだけで基本的には同じです。

慣れてくると縦列の駐車にも応用できますので、心を落ち着けて練習しましょう。

バック駐車のコツ、こんな裏ワザもあります!

それでもわかりにくい!いきなりなんてむり!
なんて言ってる人いませんか?

そんな人のために
初心者さんが絶対覚えておきたい裏技、
特別にお教えちゃいましょう(^^;;

それはバックモニターやアラウンドビューモニターの導入

裏技とは違う!とも言えますが
これがあるだけでも駐車が気楽になります。

後付できるタイプもあるので
愛車を変えたくない人にも安心ですね。

あとはまっすぐ止めようと思わないこと。
意外と大事なのですが、
できるだけ空いているスペースなら
多少歪んで停めても怒られません。

練習すればうまくなるものなので
空きスペースで練習してみると
思わぬコツを掴むかもしれませんよ!

まとめ

車の駐車がどうしても苦手。特にバック駐車は難しいと思いがちです。
しかし後輪の位置に注意すれ多くの場合、うまく駐車できます。

後輪がなるべく隣の車体の右前(左回りなら左前)になるよう
車体を調整しながらハンドルをきっていきましょう。

後ろから車が来たり多少曲がってもあわてないこと。
なるべくサイドミラーを見てこまめに確認します。

この点に気をつければほとんど問題なくバック駐車ができるはずです(^-^)/

スポンサーリンク

コメント