親子丼、失敗の原因は?卵が固まらないで汁っぽくなる場合は? | 耳ヨリ情報局

親子丼、失敗の原因は?卵が固まらないで汁っぽくなる場合は?

料理

最近料理を始めたあなたは、様々なレパートリーを増やす工夫をしていると思います。
そんな中、料理初心者がぶつかりがちな壁が「親子丼」など卵とじの作り方だと思います。

特に、卵が固まらないで汁っぽくなることに悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

親子丼作りで失敗する原因は?

実は私も何回か親子丼を作ったことがありますが、卵を固めるのにとても苦労しています。

火を通しても汁っぽさが消えないので、あまり上手くいった試しがありません。どのようにすれば汁が多くなりすぎずに作る事が出来るのか気になりますよね。

そこで、この記事では「親子丼を汁っぽくさせずに上手に作る方法」をご紹介させていただきます。

親子丼の卵が固まらない

さて、親子丼を作る際の悩みとして多く挙げられるのが、卵が固まらないことです。

火を通しても半熟になってしまい、なかなか固まらないのが嫌ですよね。半熟卵でも美味しいと思いますが、やはり初心者にとっては火が通っている方が安心だと思います。

どのようにすれば卵が固まるのか、原因を2点ご紹介させていただきます。

1.汁が多い

一番は、作る際の「汁」が多いことです。これにより、卵がぐちゃぐちゃになってしまうので固まりにくくしています。また、汁が多いのでその分調理時間も長くなります。

半熟状態にしたいのであれば汁は多い方が良いですが、固めるのには不向きなのです。卵を固めたいのであれば、汁の量を少なめにしてみてください。

2.卵をよくとじる

卵を固めるのに効果的なのが、よくとじることです。

とじるのを雑にしてしまうと固まりにくくなるからです。何回も時間をかけてとじた方が、卵を上手く固めてくれるので工夫してみてください。

以上、卵が固まらない原因を2点ご紹介しました。これらの方法を改善するだけで、卵が固まりやすくなります。次に具体的な手順もチェクしてください。

スポンサーリンク

親子丼の汁が多すぎず、上手く作るコツは?


親子丼を作る際にポイントとなるのが、汁の多さです。

あまり多すぎても汁っぽくなってしまい、親子丼としての美味しさが半減してしまうので、汁の量には気を使う必要があります。
また、汁が多いと肉に火が通るのが遅くなるので良いことがありません。汁の適量としてはどのぐらいなのでしょうか?

基本は卵一個にだし汁80ccがちょうど良いと言われています。二人分であればその倍が必要です。

汁は多すぎても良くないですが、少なすぎても水分が少なくて美味しくなくなってしまいます。最初は難しいですが、慣れてくると汁量を上手く測れるようになるので、何回でもチャレンジしてみてください。

汁の適量で親子丼は美味しくできる

逆に言うと、汁の量が適量であれば美味しい親子丼が作れます。

卵と汁が一対一であるのがちょうど良いので、それを目安にしてみましょう。

筆者も汁で失敗したことがありますが、汁の量を工夫しただけで卵も固まりやすくなり、味も美味しくなりました。親子丼は回数を重ねるごとに上達しやすいレシピなので、ぜひ頑張ってみてください。

まとめ

この記事では、「親子丼を汁っぽくさせずに上手に作る方法」をご紹介させていただきましたがいかがでしたか。

親子丼は汁の量が美味しさを左右するので、卵一個につきだし汁80ccを基準にして作ってみてください。汁の量を適切にするでけでも卵もうまく固まるのできれいに仕上がります。

たくさんチャレンジして、美味しい親子丼を作れるようになりましょう!

スポンサーリンク

コメント