写真写りが悪いのはなぜ?そんな人の特徴や免許証のときのコツ | 耳ヨリ情報局

写真写りが悪いのはなぜ?そんな人の特徴や免許証のときのコツ

趣味・レジャー

自分は写真写りが悪いなぁ~って思ったことありませんか?

友だちとのスナップ写真なら笑えますが、免許証などの証明書や卒業写真の写りが悪いとちょっと残念ですよね・・・

私自身も写真写りが悪くて、集合写真とかで写りが良い人がいると羨ましいです。写真うつりが良い人となにが違うか気になりますよね。

この記事では、「写真写りが悪い人の特徴と綺麗に写るコツ」をご紹介させていただきます。

写真写りが悪い人の特徴とは?なぜか知りたい

早速ですが、写真写りが悪い人にはどのような特徴があると思いますか?

自身を振り返ってみても思い当たる点があるのでは?私は写真写りが悪いのですが、写真を撮るときを振り返ると思い当たることがあります。

それは緊張して笑顔になれていなかったり、姿勢が悪くなってしまうということです。
または、写真を撮られる時に恥ずかしがってしまうのも良くないかもしれません。

写真写りが良い人は大抵キメ顔で写っているので、「これから写真を撮られる!」という気合いを入れることも大切ですよね。

写真写りが悪い人の2ポイント

そこで、以下では一般的な写真写りが悪い人の特徴をご紹介させていただきます。

1.カメラを意識していない
写真写りが悪い人の大半に言えるのは、カメラを意識していないことです。写真を撮られる際に一番重要なのはカメラを意識することですが、少し気恥ずかしい気がしますよね。

または、表情に意識を向けがちで、カメラはそっちのけになっているかもしれません。

写真を撮られる際は表情が気になってカメラへの意識は後回しになっています。カメラを意識するだけで、写真写りは格段に良くなります。

2.姿勢が悪い
姿勢が悪いと写真写りも悪くなります。これはカメラに与える印象が暗くなってしまうからです。

いくら顔が良くても、姿勢が悪いだけでマイナス要素が出てしまいます。
少し胸を張ってお腹をへこませるように見せるだけで、姿勢が良くなるので試してみてください。

スポンサーリンク

私の経験でも、姿勢が悪かったのを意識して、背筋をピンと張って写真を撮るようにしたらだいぶ写りが良くなりました。

以上、写真写りが悪い人の特徴を2点ご紹介させていただきました。
いずれも意識すれば簡単に対策が出来るので、写真を撮る際に意識をしてみましょう。

免許証の写真写りがいつも悪い!キレイに写るコツは?


写真写りを気にしている人の中でも、免許証の写真写りが悪くて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そこで、免許証の写真をキレイに撮ってもらうコツを調べてみました。

1.目を大きく見開く
まずは目を大きく見開いてカメラ目線をすることです。目を大きく見開いているだけで、印象が違って見えます。

顔の印象の中でも、目が与えるものは大きいので、重要視しなくてはなりませんね!

カメラが光る際に目を瞑ってしまうハプニングを恐れずに、目を見開いて撮影してもらいましょう。

2.女性は鮮やかなメイクをする
メイクが与える印象は、写真写りを左右すると言っても過言ではありません。暗いメイクをしてしまうと、当然写真写りも悪くなります。

女性なら鮮やかさを保ちつつ、写真に「映える」メイクをして免許証の写真撮影に臨みましょう。

具体的には、パステルカラーのアイシャドウやチーク、明るめなリップを塗ることをおすすめします。

写真の印象が格段と良くなりますよ!

以上、キレイに写るコツを2点ご紹介させていただきました。一工夫するだけで免許証の写真が良くなりますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

「写真写りが悪い人の特徴と綺麗に写るコツ」おわかりいただけましたか?記事を読んでいただければ、写真写りが良くなった(ハズ)です!

要するに、写真撮影時に一工夫するだけで、かなり印象が変わります。自分を良くみせることを意識してみましょう。

スポンサーリンク

コメント