吹奏楽で痩せる楽器は?楽器を吹くと痩せる?フルートとサックスではどちら? | 耳ヨリ情報局

吹奏楽で痩せる楽器は?楽器を吹くと痩せる?フルートとサックスではどちら?

趣味・レジャー

あなたは、高校生になったら吹奏楽部に入りたいと考えていることでしょう。

フルートやサックスなどを吹いて、沢山の人の前で演奏することはとても気持ちが良いと思いますよね。

それと同時に、年頃になり自分の体型が気になる時期だと思います。楽器を吹くことによってダイエット効果があるのか気になりますよね~?!

スポンサーリンク

吹奏楽で痩せる楽器とは?

吹奏楽やオーケストラの楽器にもいろいろ種類があるが、演奏して「痩せる」楽器ってあるのでしょうか?人気の楽器である「フルート」と「サックス」は、どちらが痩せることに効果的なのでしょうか?

楽器を吹くと痩せる?消費カロリー

楽器を吹くことはとても楽しいことです。

筆者もクラリネットを吹いたことがありますが、部員とアンサンブルをすることがとても楽しかったことを覚えています。

しかし、吹奏楽で使用される楽器を吹くことは容易ではありません。

腹筋を使わなければならず、音が出るまでに時間がかかることがほとんどです。場合によっては、音を出すのが難しく、別の楽器に変わることもあり得るのです。

そのため、吹奏楽部員はなんとしても音を出そうと、腹筋を鍛えたりして基礎練習を怠りません。

この練習の良い点は、気づいたら痩せていることです。無理なダイエットをするよりもずっと効果的で、持続することが出来るのです。

吹奏楽の活動とダイエットを並行して行えることはとても嬉しいですよね!
そこで、楽器を吹くことによる消費カロリーを計算してみました。

■体重 50kgの人が60分練習をした場合

・楽器全般 105kcal

・木管楽器 94kcal

・打楽器 157kcal

です。

代表的な楽器のカロリーを調べましたが、どれも高カロリーを消費することがわかったと思います。

楽器を吹くことで痩せやすくなることは事実ですが、カロリーを消費した後はお腹が空くので暴飲暴食に走りがちです。食事に十分注意をすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

フルートとサックスでは、痩せるのはどっちの楽器?

楽器を吹くことによってカロリーを消費できることをご理解いただけたでしょう。

では次に、吹奏楽の花形といえばフルートとサックスだと思います。どちらも魅力的で憧れの楽器ですよね。

そんなフルートとサックスですが、痩せやすいのはどちらの楽器でしょうか?

結論から言うと、どちらもカロリー消費量は同じようなものなので、どちらが良いかとは一概にには言えません。

フルートもサックスも、木管楽器なので腹筋をかなり使用します。音を出すのに苦労する楽器で、相当の努力が必要になります。

そのため、練習をすればするほどカロリーが消費され、ダイエットにも効果的です。

しかし、練習方法に差があります。たとえば、フルートは座って吹くことが多いですが、サックスは立って吹くことが多いです。

また、サックスの方が重いので持ちながら吹くのは労力が発生します。それらを考えると、サックスの方が痩せやすいとの見方も出来ます。

毎日の練習でダイエット効果?

フルートもサックスも学生に憧れの楽器ですが、見た目に反して音を出すのが難しいデメリットがあります。

しかし、練習によってかなりのカロリーを消費できるのでメリットも多いです。楽器選びに迷ったら、体験入部で実際に吹かせてもらうと良いでしょう。

まとめ

この記事では、「吹奏楽で痩せる楽器」についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

意外かもしれませんが、打楽器は力を使うのでカロリーが消費されます。木管楽器も良いですが、「吹奏楽部に入って痩せたい!」と思う人は、打楽器を検討してみることをおすすめします。

しかし、長く続けるにはダイエット関係なく好きな楽器を選ぶことも大切です。憧れの吹奏楽部に入って楽しい高校生活を送ってください!

コメント