卒業文集の書き方(中学生)題名や書き出し、終わり方の例です! | 耳ヨリ情報局

卒業文集の書き方(中学生)題名や書き出し、終わり方の例です!

学校

中学三年生のあなたは、卒業文集の書き方について悩んでいると思います。
将来の夢について書きたいと思っていても、どのように書けば良いのか難しいですよね。

文集は一生残るものなので、恥ずかしくない内容にしたいと思うでしょう。

また、題名や書き出し、終わり方も上手にまとめていきたいですよね。
卒業文集の書き方について、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

中学生の卒業文集、書き方のコツとは?

卒業文集の書き方のコツはどのようにすれば良いのでしょうか?
実は、簡単にまとめるだけで文章の質が変わるのです!

「卒業文集の題名や書き出し、終わり方の例」を紹介していきます。
文集にあっと驚かせるような上手な文章を残すことが出来るので、ぜひご覧ください。

卒業文集の題名・タイトルの付け方の例

さて、卒業文集を書く際に一番悩むのが題名だと思います。

人目を惹く題名を考えるのは難しいですよね。
また、内容と一致させようとすると他の人と被ってしまう傾向があります。

どのように題名を付ければ良いのでしょうか。

一例ですが、題名だけを付ける方法と、サブタイトルを付ける方法があります。

例えば「将来の夢」について書きたいのであれば、

・私が思い描く将来(題名だけ)
・将来の夢〜◯◯になろうと思った理由〜(サブタイトルを付ける)

など、工夫の余地があります。

または、題名に「将来の夢」を交えないでオリジナルのタイトルを付けても良いでしょう。
題名はあなたの文章の顔となるものなので、ぜひインパクトのあるタイトルを工夫してください。

卒業文集の書き出し、思いつかないときはコレ!

題名が決まったところで、次に気になるのが書き出しだと思います。
書き出しは文章の内容を左右するので、上手い文を考えるのが難しいものです。

書き始めの文章が思いつかないときはどのようにすれば良いのでしょうか?

ズバリ!結論から先に書くことを意識してください。

例えば「将来の夢」について書きたい時は、「私の将来の夢は◯◯です」というテンプレートが使えます。

これにより、「この子は将来の夢について書きたいんだなぁ」と、あなたの伝えたいことが他の人にすぐ分かるので読んでもらいやすいです。

この書き出しを利用すれば、その後はその夢を持った理由やエピソードを付け足せば良いので簡単に文章を構成することが出来ます。

冒頭の文章の例題

一例としては、

・私の将来の夢は◯◯です。
・なぜなら〜だからです。
・この夢を持ったきっかけは〜です。

のように続けることが出来るので、書き出しに迷ったら結論から先に書くことを意識してください。

卒業文集の終わり方・締め方はこれでOK!

卒業文集の最後の難関が、終わりの文章を書くことです。文章を上手くまとめるのが苦手な人も多いですよね。筆者もそのうちの一人で、なかなか締めの言葉が思い浮かばずついGoogleで検索してしまいがちです(苦笑…)。

人の助けを借りることも良い方法ですが、せっかくですから自分の言葉で伝えた方がより説得力のある文章が仕上がります。

締めの言葉に迷った時は、これからの展望を書くことをおすすめします。
「将来の夢」についての文章でしたら

・高校生になったら、将来の夢に向かって一生懸命勉強を頑張りたいです。
・将来の夢を実現させるように勉強や部活を努力していきたいです。

など、具体的に今後何をするかを書くと説得力が高まります。

また、
・将来は◯◯になっているので、みなさんも期待していてください。

のように、読んでいる人を楽しませる締めの言葉も良いでしょう。
文集の主旨と一致させるような終わり方を意識してみてください。

まとめ

この記事では、「卒業文集の題名や書き出し、終わり方の例」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?題名などを工夫することで、より楽しい文章が出来上がりますよね。

卒業文集は楽しんで書くことも大事なので、あなたらしい文章を作ってみてください!

スポンサーリンク

コメント

  1. TK橋 より:

    参考になりました