賃貸マンションが結露でカビに…。責任や負担と落とす方法を紹介 | 耳ヨリ情報局

賃貸マンションが結露でカビに…。責任やカビ取り方法はコレ!

住まい

「お風呂のカビ」問題はどんなお宅でも抱えている非常に大きな問題です。

特にお家が賃貸だったら…この後の掃除はどうしたらいいの?

これはかなり状況による問題で責任に関しては、建築状態や使用方法でも変わってきてしまいます。

スポンサーリンク

賃貸マンションの場合、結露によりカビは責任はどっち?

つまり換気や掃除を怠ってれば住んでいる人の責任になりますし、説明をちゃんとしていなかったり結露しやすいことを黙っていれば大家さん側の責任になります。

負担する側も同じで、最悪の場合は裁判や他の業者を挟んでの話し合いになってしまうことも少なくないんです。

とは言え、相当ひどい使い方をしていなければ法外の退去費用について心配する必要はありません。

こういった賃貸マンションやアパートの結露問題は非常に多くの人が経験しており、
大家さん側も大体はわかっているからです。

掃除や換気を怠り結露やカビが発生しても対策を一切しなかった
これくらいの事態であれば相当高額の退去費用を覚悟する必要がありますけどね。

できたらそうなる前にカビは落としておきたい所。

もしくは借りる前にカビに関する情報は聞いておくのがベストです。

ここからは結露とカビの責任問題についてとカビ取りについてちょっと詳しく見ていきましょう。

賃貸マンションでカビ・・・責任はどっち?

賃貸マンションでの結露やカビの責任は、こっちじゃないの?
と当たり前に感じがちです。

でもちょっと待ってください!

確かに今住んでいる部屋のカビ問題は、
いま入居している人の責任ではないかと感じがち。

掃除もサボってしまったし、
もしかしたらカビはその時出たものかも…。

でも基本的に責任が出てくるのは、
よほどひどい使い方をしている場合。

一般的な生活をしている人
普通に掃除をしている人は
ほとんど責任は負わされません。

ただし、ものぐさ過ぎると
これは責任問題が生まれてくるので
できるだけできることはしたほうがいいですね。

逆に、大家さん側でも
退去費用を求められたり
衣類の弁償、健康被害について
入居者から訴えられる事もあります。

この時は被害を訴える人が
証明がちゃんと出来ない限り被害認定が降りないので

管理に問題がなければ堂々と構えていましょう。

賃貸マンションの結露カビ取り方法


入居者には、借りている部屋を適切に利用する義務があるので入居者が最初に改善する必要があります。
退去時の負担を減らすために、できるだけカビは取っておきましょう。

まず、カビが出てしまうのは

・結露
・漏水
・加湿しすぎ

と様々な理由があります。

原因によって負担する人も変わるので
今なんでこうなってるの?を理解することは必須!

でも、明らかに結露で「これは腰据えて掃除するしか無い!」
ここではそんな場合にできる自分でできるカビ対策を紹介します!

結露のカビ取り方法

まず壁に映えたカビには

「次亜塩素酸」
(食べ物にも臭いが残らず 安全性が高いもの。
 次亜塩素酸ナトリウムとは違うので注意!)

カビにかけて一時間位置いてから拭き取ってください。

これだけでほとんど取れますが、
まだ残っている場合はもう一度かけてくださいね。

部屋の湿気を取るのも重要になるので
除湿剤や、除湿機を使ってみます。

すぐに水が貯まる場合は別の対策が必要です。

最後はサーキュレーターで空気を循環させます。
カビが生える壁に風を送りましょう。

これでほとんど防ぐことができるのですが、
ダメな場合は排水管のつまり、雨漏れ、壁の断熱材が入っていない
といったいくつかの理由があります。

更に住んでいる人が

・換気をしない、結露をほっとく
・浴槽に水を入れたまま、ドアを開ける。
・水拭きを放置
・加湿器常用

以上の理由でもカビが生えてきます。

これを改善してみても、更にカビがひどい時は
管理会社に連絡してみましょう。

管理会社の調査で原因が建物にある場合は
貸主が改善費用を支払います。

時間がかかるかもしれませんが、
焦って他の会社に修理を依頼すると
トラブルの原因になることもあります。

じっくり待つことが大事なのです。

まとめ

賃貸マンションの結露やカビ
高額の修繕費がかかったらどうしよう?
そんな不安も出てきます。

しかし改善方法はあります。

まずはできることをやってみること。
どうしても無理なら管理会社へ相談。

この二つです。

カビ問題は頻繁に起こること。
これから引っ越す人もできることは頭の中に入れておくと、安心ですよ!

スポンサーリンク

コメント