結婚式は大安以外でいつがいい?友引や仏滅、料金の違いについて | 耳ヨリ情報局

結婚式は大安以外でいつがいい?料金がこんなに違うなんて!

冠婚葬祭

大安=おめでたい日!
何かの行動をするにはもってこいの日

と言われます。

人生の門出となる結婚式においても、断然「大安」を希望するカップルが大半となります。

そこで、結婚式の日取りについて調べてみました。

スポンサーリンク

結婚式に大安がふさわしいのはなぜ?

大安は「大いに安し」といって、何をしても良い結果になるという日です。

これは「六曜」という考え方に基づいています。
カレンダーによく書かれていますね。冠婚葬祭の時によく使います。

大安には建物の着工日や引き渡し、政治の内閣を決める日にも使われている日なんですって。

つまり大安は、結婚式には最高の日で、来年まで大安の日は予約が埋まっている…!ということはよくあるのです。

結婚式で大安以外だといつが良い?

大安の日は結婚式の予定が多く、希望する日に予約ができないことも珍しくありません。

では、大安の次に良い日は?大安以外だといつ?と考えます。

ズバリ、大安以外で結婚式の日にふさわしいのは「友引」!

この友引は、大安の次に結婚にふさわしい日とされている日です。

友引が友人に関係するのは陰陽道といわれる、方角についての考え方です。

最もこの日は悪いという方角のことと、友引が何をしても勝負がつかない日
という二点が混ざった考え方をしています。

結婚式にむかない日とは?

一方で、六曜において一番悪い日も知っておきましょう。

それは「仏滅」で釈迦の死や、万事に凶という一日おとなしくしている日とされています。
実はこれを知っておくと結婚式費用が安くなる!こともあります。

現代はそうでもないですが、親世代や祖父母世代ではこの大安や仏滅を非常に気にする人がいます。一生を決めるものですからなおさらですよね。

結婚式に避けられることが多いことから、「仏滅」や「赤口」には式場の料金を割引する結婚式場もかなりあります。

大安日が割増価格なのに対し、仏滅や赤口にはかなり割引されるので、その差は意外と大きくなるでしょう。

※「赤口」は「しゃっく」または「しゃっこう」と呼び、凶の日で刃物や火に特に注意が必要とされます

大安以外の友引や仏滅ってどうなの?

ちょっとでもいい日に結婚式を挙げたい!というのは
新しい門出に際してカップルがみんな考えることです。

大安は結婚式を挙げる日取りで最も人気が高く、予約が取りずらくなります。
同時に、料金もほかの日に比べ割増となっています。

結婚式のようなおめでたい事柄でも、人によっては予算が足りない、
場合もありますので、断念せざるを得ない理由になりえます。

では、大安の次に結婚式に向いている日取りは、というと
先ほども触れたとおり「友引」になります。

大安・富引きなどの六曜とは?

「友引」の解説も兼ねて、せっかくなので六曜のことをここで知っておきましょう。

スポンサーリンク

「大安」最も吉。結婚式の他にもよい。
「友引」午前・夕方・夜が吉。
「戦勝」先手必勝の日。午前が吉。
「赤口」昼時のみ吉。
「先負」先手を取ると負ける。午後が吉。
「仏滅」仏も滅する大凶日。物を失う。

上から吉、下に行くほど凶です。

友引に結婚式を挙げるなら


また友引に結婚式をあげる場合は、午後にするのがいいとされます。

「友引」は葬儀の場合「友人も引っ張る」という意味で避けられますが、
結婚式については、特に注意することはありません。

人によっては、結婚披露式の引き出物の発送を「友引」にする人もいます。

仏滅に結婚式はダメなのか?

「仏滅」は何をするにもが悪い日とされていますが、仏滅割引をする式場もあり、あえて仏滅を選ぶケースもあるそうです。

最近は全く気にしないご家庭も多いので、両家と二人が納得すれば仏滅でもいい、という傾向も強くなっています。

また、六曜については特に意味がないと考える方も多く、気にせずに仏滅に結婚式を挙げても大丈夫なのです!

このように考えると、やなりお金(結婚式の費用)の問題が大きくなってきます。

そこで、大安の日とそれ以外の日では、いったい何が違うのか?詳しい内容を見てみましょう!

結婚式場の料金は大安別の日でどれくらい違う?

まず覚えておいていただきたいのが、仏滅割引はすべての式場・会場で行われているわけではないということ。

非常に人気が高く、仏滅でも予約がいっぱいな結婚式場もありますし、あくまで仏滅の売上が少ない会場が自主的に行っているに過ぎないんです。

一番大きな仏滅割引には、なんと「半額」ほどに割り引かれる式場もあるといいます。

相場からすると、おおよそ5%から30%オフ、といった割引率のようです。
招待客一人あたりで考えると、数千円の割引となっている会場がほとんどと思われます。

一方、大安の料金増加率は10%はいかないものの、数万円プラスした値段を想定する必要があります。

こう考えると小さい数字ではありますが、日取りを考えて結婚式を挙げるのも一つの考え方となります。

結婚式の日取りにこだわりすぎないで」!

大安で結婚式場が取れない!
それでも大丈夫です。その次の吉日「友引」で探してみてはいかがですか。

どうしても「大安で!」と考えてしまいがちですが、
ちょっと割高かも、とか家族や親戚が気にしないなら・・・と考える場合は、別の吉日を狙うのも賢い選択です。

逆に、全く良くない「仏滅」も式場によっては料金割引があり、お得に式を挙げることも可能になります!

まとめ

結婚式の日取り決めでいちばん大事なのは、二人とその親族が納得すること。

きちんと話し合ってわだかまりが無いような結婚式を挙げてくださいね!

コメント