山手線の料金の仕組み。運賃の計算方法と定期券料金は違った?! | 耳ヨリ情報局

山手線の料金の仕組み。運賃の計算方法と定期券料金は違った?!

交通アクセス

山手線は東京都にあるJR東日本が運営している鉄道路線の一つです。
都内の一定区間をクルクルと回っており、いわゆる「環状線」と言われるものです。

一駅の間隔も狭いので、運賃ってどうなってるのかなーと思いましたが、
切符代と定期では計算方法もちょっと違うそうです。

こちらでは、JR山手線料金の仕組みや計算方法についてまとめています。

スポンサーリンク

山手線の運賃計算

ではどれくらいのキロ数でどれくらい料金が変わるのでしょう?
山手線の運転キロ数と料金の関係性を理解しよう!

基本としては消費税を加算する時、10円単位で切り上げとしています。

2014年の例ではありますが、
1から3キロ=140円
4から6キロ=190円
7から10キロ=200円

と料金が変化していきます。

これによって運賃が変化しているんですね。

ちなみに、営業距離とはホームの端や、駅長室の場所など決まった路線によって測定距離が変わっているんですって。

この決まった運賃と、基本賃率という距離ごとに加算される金額で電車の運賃は変わっていきます。

基本運賃は以下の通り。

1から300キロ=16.2円
301から600キロ=12.85円
601キロ以降=7.05円

走っている距離を基本運賃分かけて計算します。

しかし特例で一定以内の運賃は固定されているので、この計算法が合わないときもあります。
なかなか複雑ですね。

運転区間の距離×基本運賃を計算し1の位をまず切り上げます。

この数字に消費税8%を加えた後、更に1の位を四捨五入して、計算します。

どうしても複雑な計算方法が出てきてしまうのですが、
一定区間以内は基本的に特例として決まっている運賃できっぷを購入することになります。

定期券の料金の仕組みを知ろう!山手線で通勤のサラリーマンの例

きっぷを見た後は、定期券の料金の仕組みを見てみましょう。

山手線の場合は外回り内回りで、同じ駅間でもかなり値段がかかってしまいます。

定期にも経由が書かれており、この区間内以外は使用できません。
外回りと内回りには十分注意が必要です。

池袋から上野まで、山手線で通勤する場合、池袋・田端・上野の外回りの定期となり通勤定期一ヶ月で12000円となります。

定期券を購入する時はキロ数と定期の区間を表で探し金額を出します。

通勤定期を東京から一ヶ月買う時、利用する距離が1キロなら6340円、2キロなら6710円…となります。

これは簡単な目安なので実際の料金は異なります。
1キロ未満の数字は、1キロ単位へ切り上げて計算しています。

大体は駅ごとに料金が書かれており細かな計算をすることはありません。

特殊は運賃計算の区間もある


山手線以外でも、JRでは運賃が距離ごとで変わってきます。

決まった特定の距離で運賃が決められているので、同じ駅を使う時でも迂回したり、別の駅を跨いで通過したら運賃が上がる可能性アリです。

JRの運賃システムでは、他にも

「特定区間」(一定の駅で他社の運賃に対抗した価格になっている。例えば観光地である名古屋等)ですとか、
「長距離運賃」(一定の駅の乗車券と組み合わせるとある程度金額がお得になる。東京・大阪の電車特定区間)、
「特定都区市内」(上に同じ)

など計算方法の違う区間があったりしますが、一定のルールに基づいて運賃が決定しているのです。

まとめ

山手線の料金は、仕組みと距離数がやや特殊ですが、基本的には距離もひどく長い距離はなく一定距離内で運行しています。

このため料金は一定しているのですが、定期を購入する場合は内回りか外回りかをあからじめ決めておく必要があります。

そのため、内回りの定期であれば外回りを利用した場合は使うことができなくなってしまいます。
(もちろん乗車券で運賃を追加することは可能)

実際の運賃を調べるときは、スマホなら乗り換えアプリなどを利用するのが簡単な方法です。

スポンサーリンク

コメント