雑巾みたいな臭いの取り方は?原因とタオルや洗濯物の落とし方 | 耳ヨリ情報局

雑巾みたいな臭いの取り方は?原因とタオルや洗濯物の落とし方

家事

布類、ふきんやシャツがなんだかなんだか雑巾みたいな臭いがする…ということ、ありませんか?
雑巾をある程度使っていると生臭いような、変な臭いになります。この臭い、ちょっと嫌ですよね。

雑巾のような布であればいいのですがお気に入りのシャツやまだまだ使う制服・スーツ関係がこの臭いになってしまうとショックです。

スポンサーリンク

雑巾臭いにおいの取り方

こうなってしまった場合はきちんとお洗濯をした後、粉末タイプの熱めのお湯(50℃ほど)に一時間ほど浸けておくと、臭いが取れます。その後、もう一度洗濯してから使ってくださいね。

雑巾臭い原因は?

臭いの原因なのですが正体は布の繊維に残った皮脂や汗などたんぱく質汚れ。洗濯の時にきっちりと落ちていない場合に雑巾のような臭いになってしまいます。

ポイントは繊維の汚れまできちんと落とすこと。
汚れが落ちていないと、いつまで経っても臭いが消えず下手をすると悪化していくばかりです。

洗濯で雑巾臭くならない方法は?

予防方法は洗濯物をたくさん入れないこと、

一度にたくさんの洗濯物を洗濯機で洗うと、汚れが落ちきらずに柔軟剤を使ったとしても効果が出ません。また漂白剤をきちんと使うことで日頃のニオイ防止にもなってくれますよ。

さらに、柔軟剤や酸素系漂白剤をつかうことです。
あとはきちんと乾かします。この生乾きも、臭いのもとになります。

ここからは臭いの原因やしっかりと落とすための洗い方を詳しくみていきましょう。

雑巾みたいな臭いの原因はこれだ!

雑巾みたいな臭いは体臭ではなく、布・衣類そのものが放つ臭いです。

近年、洗剤を作っている大手メーカーが洗い残しのたんぱく質などを餌にして増殖する「悪臭の元の菌」を見つけました。
菌の名前を「モラクセラ菌」といいます。

この臭いは髪や頭皮でもすることがあり、これもモラクセラ菌による臭いだとわかっているんですって。

つまり洗い残しやすすぎ残しでたんぱく質や洗剤の溶け残り等が布に残ってしまうことで、雑巾みたいな臭いが布にこびりついてしまうんですね。部屋干しで出てくる悪臭も同じ菌が原因。湿気やたんぱく質等が大好きです。

スポンサーリンク

さて、モラクセラ菌が出てきてしまうのは多くの場合、雑な洗濯が原因です。

雑、といっても意識的なものではなく、「洗濯物の量が微妙だから、全部入れよう」「用事ができたから、洗濯物入れたままお出かけ」こういったちょっとしたことです。

洗濯物を洗濯機の容量ギリギリまで詰め込んでしまうことで汚れや菌が落ちにくくなります。そして洗濯機に汚れ物を入れっぱなしにしまうことでより菌が繁殖してしまいます。

時短モードや、すぐに干さないのも臭いの原因になりえます。洗濯が終了したら放置せず、できるだけ手早く乾燥や干すようにしましょう。

洗剤や漂白剤の利用も大切

漂白剤や消臭効果のあるジェルや粉末を使うのも有効です。

タオルの雑巾臭いを落とす方法は?

タオルの雑巾臭いを落とすには殺菌と抗菌・菌を移さないことを中心に考えましょう。

まず抗菌効果が80パーセント以上を超える抗菌洗濯洗剤で洗濯すること。
臭いのもとは菌なのでニオイ菌や、その他の菌を防ぐ効果がある洗剤を使いましょう。

次に弱酸性の石鹸も併用すること。
弱酸性の石鹸で洗うことで臭いのもとの菌を殺菌してくれる効果が発揮されます。

やや熱めのお湯にとかして、浸けておくだけで効果が出ます。付けた後は風通しと日当たりが良いところに干して乾燥させましょう。

最後は諦めてそのタオルを捨てることです。
臭いが取れなかった場合は他の衣類やタオルに臭いが付く前に捨ててしまうことも一つの手です。

他のものに移って、被害が出てしまう前に対処することも、時には大事です。

まとめ

雑巾のような臭いは悪臭を出す菌がたくさんいるから。
洗濯ですすぎ残しや洗い残しがある場合に発生しやすいです。

これは衣類そのものに付いているニオイ菌の臭いなので、衣類の菌を殺菌すれば臭いが消えます。
抗菌殺菌効果の高い洗剤や弱酸性の石鹸を使うと臭いを消せることが多いのです。

洗濯物も不快な臭いを消して自分も周りも、快適に過ごしましょう!

コメント