お腹が鳴るのを止める方法。空腹のときのツボは?グ~っとなったら・・・ | 耳ヨリ情報局

お腹が鳴るのを止める方法。空腹のときのツボは?グ~っとなったら・・・

生活

授業中に毎日必ずといっていいほどお腹が鳴ってしまいます。人前だと困ってしまいますよね。

学生の悩みのタネの1つでもありますし、お腹の音が大きいと周囲に笑われるのではないかと不安に思いますよね。

そこで、空腹などで鳴る腹の音を消す工夫をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

なぜこの記事を加工かと思ったのか。
それは私自身、学生の頃はよく授業中に毎日お腹が鳴って困った経験があるからです。

特に教室内が静かな時に限って鳴ってしまうものですよね。お腹が鳴ったことで同級生に笑われて恥ずかしい思いを何度もしました。

記事を読んでいただければ、授業中にお腹が鳴ってしまった際にも怖くありません!お腹が鳴るのを止める方法を知りたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

お腹が鳴ったとき止める対処法3つ

お腹が鳴りやすい時間帯は、大抵お昼前だと思います。

空腹時にお腹が鳴ることは当たり前ですが、授業中に大きな音で鳴ってしまうのはなんとしても避けたいですよね。

そこで、以下では空腹でお腹が鳴ったときの対処法を3つご紹介させていただきます。

1.休み時間に軽食でお腹を満たす

1つ目は、授業の合間の休み時間に少し軽食を食べることです。

軽食といっても大胆に食べるわけには行かないので、小さいクッキーなどを短時間で食べることをおすすめします。

筆者は高校時代に空腹でお腹が鳴ったときには、よく軽いお菓子を食べてお腹を満たしていました。少し物足りない感じがしますが、意外にも効果はありますよ。お腹の音を鳴らさないためにもやってみてください。

2.水分を摂る


2点目は、水分をとってお腹を満たす方法です。

ここで注意することは、甘い飲み物は飲まないことです。

スポンサーリンク

なぜなら、甘い飲み物は喉が乾いてしまうので、次の授業に集中しづらくなります。お腹は満たされても授業に集中出来なければ逆効果ですよね。

水分補給も空腹時には効果があるので、ぜひやってみてください。
(ただしがぶ飲みは効果が薄れるのでやらないようにしましょう)

3.空気を多めに吸う

3点目は、空気を吸うことです。これにより、お腹の音を一時的に抑えることができます。

空気を思いきり吸うことで胃を空気で満たし、胃の収縮運動を抑えられることで効果が生じます。

この方法であれば授業中でも気軽に行えるので、緊急処置としてやってみることをおすすめします。

以上、空腹でお腹が鳴ったときの対処法を3つご紹介させていただきました。
いずれも簡単に対策が取れる方法なので、試してみてください。

お腹が鳴るのを止めるツボはありますか?

さて、お腹の音を消す方法はご理解いただけたと思いますが、お腹が鳴るのを止めるツボがあるか気になりませんか?

なんと、合谷(ごうこく)と呼ばれるツボがお腹が鳴るのを止めることに効果的なのです!

あまり聞きなれない名前ですが、どんな効果があるのか気になりますよね。

合谷ツボの場所は、手の甲側の親指と人差し指の骨が合流するやや人差し指寄りの窪みの部分です。お腹が鳴って困った際に親指でグリグリと押してみると、音を止めることが出来ると言われています。

これなら授業中でも簡単に出来そうですよね。

筆者も試してみましたが、大きなお腹の音を止めるのに役に立ちました。ツボ押しであれば授業中でもバレずに行えるので、臆せずに試してみてください。

余談ですが、眠気覚ましにも効果がありますよ!

まとめ

この記事では、「お腹の音を止める方法」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

授業中に目立ってしまうと恥ずかしいですが、この記事でご紹介させていただいた方法を活かすことで、対策が可能です。

この方法を実践すれば、授業中にお腹が鳴って困る心配はする必要がありません!リラックスして学校生活を過ごせそうですね。

コメント