単身赴任で子供が泣く!ストレスや学力などの影響が心配な親向け | 耳ヨリ情報局

単身赴任で子供が泣く!ストレスや学力などの影響が心配な親向け

寂しい子供 育児子育て

日頃から家族で過ごす時間、大切にされていますでしょうか?私自身は専業主婦をしており、子供と過ごす時間が長く、今この可愛い時期に一緒にいられることを嬉しく思っています。


しかし、どの家族もそうであるとは限りませんよね?現に我が家の主人はサービス業ということもあり、土日祝日の休みはなく、長期休暇もほとんどありません。

その分子供たちが寂しい気持ちになることが多いのでは?と私自身感じる部分も少なからずあります。そこで今回は最もお子さんと過ごす時間が少ないと思われる「単身赴任」のお父さんを持つご家族について紹介していきたいと思います。

父親が単身赴任だと子供は寂しい?

旦那さんが単身赴任をしているといった家庭は珍しくないと思いますが、奥さんも子供たちも寂しい思いをしてしまいますよね。毎日会えたはずのお父さんと会える機会が少なくなり、涙してしまうこともあるのではないかと思います。

今回はその「泣いてしまうこと」がお子さんのストレスになることや育っていく上で学力などに影響がないのかということを調べましたので、是非ご覧いただければと思います!

お子さんが幼いうちは父親の存在も大きく関係し、単身赴任をすることでお子さんが情緒不安定になったり、もっと幼いお子さんの場合はきつ音になったりするケースもあるそうです。思春期のお子さんの場合は、お母さんに対して反抗的な態度を取ってしまう場合もあります。

また、ひとりで子育てをする母親は抱えすぎてしまい、ストレスが溜まってしまう場合もあり、そのことがお子さんに影響してしまうことを避けたいものです。

単身赴任の子供への影響、ストレスで泣いたり寂しがる

やはり幼いうちは両親に囲まれて育つことが理想ですから、少なからずお子さんに負担はかかってしまいます。お父さんがいない不安からストレスに感じる部分もあり、泣きやすくなってしまうことや寂しがることもあります。

そういったことにならないためにもお母さんが日頃からお子さんに対してケアをすることが重要になります。

スポンサーリンク

単身赴任が子供の学力に影響するか?

お父さんが単身赴任をすること自体が、お子さんの学力に直接的に影響することはありませんが情緒不安定になってしまう部分から影響することもあります。

また、母親に反抗するようになり、そこから勉強をしなくなって学力や成績に影響をすることがあるのではないでしょうか?

単身赴任で家族崩壊しないために、できることは?

お父さんが単身赴任をしていると家族と会う回数は少なくなってしまいます。

出来る限りお父さんが頻繁に帰省し、我が子にマメに会うことが一番理想的ではありますが、距離が離れている場合や金銭的な面でも少し難しいですよね。

そのためにお母さんが出来ることとして「お父さんの存在をお子さんに常に伝えること」です。

コミュニケーションが取れるように、マメに電話をしたりしてお父さんの存在を常にお子さんに伝えるのです。

今ではLINEやスカイプ電話といった方法で相手の顔を見ながら電話をすることが出来るので、お子さんとお父さんをつなぐいいツールとして積極的に活用しましょう!

お父さんへの感謝に気づかせてあげる

あとひとつは、お子さんにお父さんに対する感謝を常に伝えることを心がけましょう!

お父さんが頑張って仕事をしてくれるから、私たち家族は生活が出来ているということをお子さんに伝えることでお子さんはお父さんを尊敬することが出来ます。

お父さんが単身赴任をしていると離れていて会えない部分は寂しいですが、そこはお母さんのやり方次第でいいようにも悪いようにもなってしまいます。

マメにコミュニケーションを取り、お母さん自身もあまり頑張りすぎない良い単身赴任生活になるように心がけましょう!

スポンサーリンク

コメント